読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MI,IIK in BALI

制作やバリ島のことなど色々

やっと新ホームページが完成しました!

f:id:miiikbali:20161020124351p:plain

http://www.miiikbali.com/

もう新しいホームページは永久に作れないような雰囲気でしたが、今まで作ったものを全て捨てて、新しく作りなおしたら数日で終わりました!!断捨離と言うよりも輪廻転生って感じです。

昔のホームページがアップルに見捨てられてから(ホームページの場所を無くすなんて、なんともアップルらしい・・・)、仕方なく古いサイトを他の場所に上げていました。更新がとても大変になったため、デザインもああ、、、(涙)という感じで、どんよりと更新をしないままネット宇宙を残骸のごとく漂っていました。

新たなホームページを作るために借りたこのサイトスペースは3回も更新してしまい、もう誰にも見せられない趣味の場所になりそうでしたが、やればなんとかなりますね!この数年間の間にネットの世界も色々と変化があり、機能満載で楽しく作ることが出来ました。(腰は砕けそうですが)
一つ残念なことは、作っているうちに、レイアウトのフォーマットが「旧レイアウト」という名前に変わったことです。新しいもの好きとしては「新レイアウト・フォーマット」に移行したい気分ですが、それをしたら永遠に宇宙を漂いそうなので、とりあえずこれでOKということで。

新商品紹介とアウトレットのヨモヤマ話。

今回入荷したアウトレット商品とそれに纏わるストーリー色々。
インドネシアという土地柄、人柄、アウトレットはケアレスミスを超えています。。。

ヨガバッグです。写真のバッグはもう売り切れてしまいましたが、
まだ数種類ございます。

本当にちょっとした不良なので、
毎回不良品が出る度に、商品の前で悔しくてうねっておりますが、
アウトレットショップを作ってから、
これがお客様と交流する良い機会となっているので、
精神的に救われています。
心優しいお客様たちありがとうございます。


これは確か内布に1ミリ位の穴が・・・という商品です。
穴は纏っていますので、ご安心を。


こちらは表布の生地不良でした。さほど目立たないので普通に使えると思います。
インドネシアのバティックスタンプは手作りの温かみのある染めにとどまらず、
生地までも手作りの温かさを感じさせる・・・どうしてかっちり作れないんですか!?という時があるのです。うちのスタッフが生地に張り付いて検品してから裁断しても、大きな生地をチェックしますので小さな見落としなどがあり、最低10%は不良品になってしまいます。これが、生地からうちで染めを職人さんに出したりすると、100%不良品ということもよくあり、インドネシア人は怒る人が少ない理由を見つけたような気がしました(それではやっていけません・・・)。
私もこの土地の流儀に従い、もちろん怒りません。泣き寝入りです(;д;)


このバッグの内布は表布の反転柄になっています。生地は表布内布共にコットン100%のバティックスタンプ染めとなっています。
おしゃれは内側からということで、バッグの内面宇宙もお楽しみ下さいね!


とても着用感の気持ち良いレーヨンライクラ中厚手のバティックスタンプ柄パンツです。
このパンツは希望通りの色が出ましたので、嬉しかった商品です。シックで美しい色ですよ。
この記事を書くのが遅くなってしまったので、現在のバティックスタンプ柄の在庫はもう残りわずかなのですが、興味を持っていただけたら、ぜひぜひお試し下さい。

バティックスタンプは手染めなのでムラが若干出てしまいます。
その中で、これはムラが強いので既成品としては無理だけど、
自分だったら着るだろうなというものをご用意しています。

バティックスタンプ柄は時々雨が降ったりして(雨が降ったら色がきちんと出なくなります)、全滅する商品なので、80%くらい既成品が作れたら、ニコニコになります。
この商品の製作は凄まじくて、染めが出来上がってきた時点ではまだロウケツ染めの蝋が各所に付いているので、それを全部セロテープでペタペタ剥がすところから始めます。その後、生地に張り付いて検品。もう私は老眼ぎみで、細かい不良が全然見えないので、若いスタッフの子達がチェックしています。とても人間には見えないだろうという小さな不良まで見つけてきてくれて、あまりの不良の多さにがっくりするほど、しっかり検品してくれます。
裁断は染めのチェックをしながら、きれいな染めの部分だけを選んで1枚ずつハサミでチョキチョキ切っていきます。(パンツに使えなかった部分も何かしら作ってバリ島のショップで売ったり自分で着たりします)裁断後、もう一度検品しながらまだ残っている蝋をセロテープで再度剥がして、各パーツの色合せをして、やっと縫製に出します。縫製で穴を開けられると猛烈に悲しくなりますが、やはり泣き寝入りです。なんだか精神修行みたいなのですが、それをする価値のある商品だと思っています。

私の生家は江戸時代から続く染物職人だったのですが、私が2歳のときに時代の流れにより染物屋を辞めてしまいました。寝間着に浴衣を着る人がほとんど居なくなってしまったんですね。染め物を着る人達が居なくなってしまうと、職人は続けていくことができません。
そんなことで、家には色んな柄の染め物がありました。子供の頃、夏の浴衣は残った染め物の生地を使って、母が作ってくれました。私の母は服飾の専門学校を出ている人なので、染め物などにも愛情があるようで、小さな生地などもきちんと保管していました。子供の頃に我が家の染め物について一番愛着を持って語っていたのは、外からお嫁に来た母だったような気がします(逆に外から来たから、色々話すことが出来たのかもしれません)。
バリ島の日本人会で盆踊りがあるので、母から浴衣を送ってもらったことがありました。その時も実家の染め物の浴衣だったのですが、まだこんなに綺麗に保管しているんだ!って驚きました。もう染物屋を辞めてから30年以上経っていたのです。

私は何となく流れでインドネシアの染め物を扱うようになりましたが、自分の生い立ちを考えると、染め物に惹かれる理由がそれなりにあるんだなーと思いました。商品を色々作ることでインドネシアの染めの技術を残していくのに参加できたら良いなと思っています。染め物には機械で作るプリントとは全く違う偶然が作り出す美しさがあります。人の手が作り出す有機的な質感が大好きなのです。



こちらはコットンライクラ無地のカプリパンツです。
今回、5色入荷いたしました。
このパンツはフレンチシックに着こなすと可愛いと思います。
ボーダーのシャツなどもきっと似合いますよ。普段着にもどうぞ。
サポート力のある厚めの生地なので、中厚手のレーヨンライクラと比べると伸縮はやや劣りますが、足を細く見せる効果はあると思います。ヒップの形が出るのが気になる方は、チェニックと合わせていただくのがオススメです。
この商品の不良は大体が生地プレス時の線となっています。履くと生地が伸びて線が消えますので、あまり気にならないかと思います。

他にもまだ色んな商品がありますので、どうぞアウトレットショップを覗いてみてくださいね!
http://miiikbali.thebase.in/

シヴァ神のルドラクシャ

もともとシヴァ神は好きでしたが、このドラマをみて超シヴァ神ファンになってしまいました。
これはシヴァ神と最初の妻サティ(サティさんは諸事情により後に死んでしまうのですが)の出会いのシーンです。
シヴァのルドラクシャのバングルの糸が切れて、落ちたルドラクシャがサティの元に届くのです。

シヴァ神とサティのストーリーって、ボーイ・ミーツ・ガールなんですよ!本当に。
運命の人に出会ってしまった初恋って感じで、このドラマもすっごく面白かったです。

ちなみに、このドラマのシヴァ神役は阿部ちゃんではないです。(最初、先入観を取り払うのに困りました・・・)

ルドラクシャのマーラー・アクセサリーを作りました。

バリ島のショップにいらっしゃったお客様から「ルドラクシャのマーラーを作れないか?」とリクエストいただいたのを期に作ってみました。

「ルドラクシャ」は菩提樹(金剛菩提樹)の実のことで、シヴァ神の象徴として有名です。シヴァ神のインドのポスター等を見ると、首や腕に沢山のルドラクシャを巻いています。シヴァ神の信者もこれに習って、ルドラクシャを身につけているのを見かけます。

そして、「マーラー」とは数珠のことです。
バリ島のものはインド&ヒンドゥーからの流れなので、日本の数珠とは区別するためMI,IIKでは「マーラー」と呼ばせていただきます。今回を期に数珠についても調べて、色々勉強してみたのですが、MI,IIKで作ったマーラーの場合、宗教的な意味合いよりもアクセサリーとして気軽にお使い頂く趣旨ですし、日本の場合、仏教で使用し、宗派によって決まり事など色々ありますので、日本の数珠と混同しないようにしてみました。

ここ数年バリ島ではヨガのブームと共にマーラー風アクセサリーが流行っていて、色んなショップでよく見かけられます。私のショップでも仕入れたマーラー風ビーズアクセサリーを色々置いていますが、自分で作るのは全然考えてなかったです。
でも、作ってみたら楽しかったです!
ちょっと前に、旦那がルドラクシャのブレスレットをプレゼントしてくれて、それまで興味がなかったルドラクシャに一気に親しみが湧いた時でもありました。ルドラクシャは実際に付けてみると、何とも優雅な感じのする木の実で、気品があってとても美しいのです。

シヴァ神の象徴でもあるルドラクシャですが、木の実ですので、信じている宗教のあるなしに関わらず、気軽にアクセサリーとして(首からかければネックレスとして、腕に巻けばブレスレットとして使えます)、または瞑想時の数珠としてお使いいただければと思います。
でも、もともとはそんなインドの神様の物語があるものですので、優しくに扱っていただけたらと思います。

MI,IIKのルドラクシャはバリ島のお隣ジャワ島からのものです。
インドネシア産のルドラクシャは直径10ミリから13ミリが一番一般的なサイズで、5ミリなどの小さなサイズになるほど高価なものとなります。
高い値段で取引されているのも見かけるルドラクシャですが、MI,IIKで使用しているルドラクシャは産地直送(なんだか果物みたいな言い方ですが・・・)ですので、気軽にお試し出来る価格にする予定です。

ルドラクシャの玉は瞑想の時にひと粒ずつ動かせるよう、隙間に空間を作るためにビーズやジェムストーン(半貴石)と合わせています。また幾つかルドラクシャの玉をジェムストーンに変えてデザインしたものもございます。ジェムストーンは信頼出来るクオリティーの宝石店から買い付けていますが、バリ島では日本のような天然石やパワーストーンという見方ではなく宝石の一種として石が扱われているため、「ジェムストーン」という名称で統一させていただきます。
バリ島だとジェムストーンは種類が無いので、今後は日本の信頼できそうなお店から石を仕入れることも考えています。

ジェムストーンにはそれぞれ石を象徴する言葉を添える予定です。MI,IIKでは質の良い素材を使って、アクセサリーとしての可愛らしさを基準に心地良く身につけていただけるデザインにしたいと思います。
その日のファッションや気分で気軽に楽しんで下さいね。

ジェムストーンを使ったマーラーは石の価格が入荷時によって動きますので、同じ商品でもお値段が変わる場合もございます。同じ石や同じサイズが必ず入荷できるとは限らないので、もし気に入ったものがあった場合は、その時に商品をお選びいただくのが良いかと思います。
また、ジェムストーンは天然特有のクラック(内傷)やインクルージョン(内包物)が見られる場合がございます。
程度の酷いものは取り除いて作ってはおりますが、全てを取り除くことは出来ませんので、ご了承下さい。

では、いくつか作ってみたルドラクシャ・マーラーを。
ルドラクシャのサイズと使用している天然石によって、価格は違ってきます。

こちらはルドラクシャ7ミリとイエロー・ジェードの組み合わせです。
今回の小売販売価格(日本)は3600円の予定です。






ルドラクシャ5ミリとアマゾナイトと金色グラスビーズの組み合わせです。
小売販売価格(日本)は3740円の予定です。






ルドラクシャ5ミリとレインボームーンストーンとトルコブルーの焼きグラスビーズの組み合わせです。
小売販売価格(日本)は5980円の予定です。


ルドラクシャ6ミリとイエローアゲートとペリドットの組み合わせです。
小売販売価格(日本)は8500円の予定です。


他にも色々作っていきますので、また出来上がったらご紹介いたします。

(追記)
ネットショップをオープンしました。どうぞよろしくお願いします。
http://miiikubud.thebase.in/

年末年始休暇のお知らせです

1月1日〜1月4日までmi,iikの事務所は
休暇をいただきます。
ウブドのショップは年末年始も営業しています。)

バリ島は通常1月1日のみ祝日なのですが、今年は次男の学校が1月4日まで休みとなったため、それに合わせて私も1月4日まで休暇をいただくことにいたしました。
久しぶりに家族でプチ旅行に行く予定です。

メールのお返事等は休暇明けにいたします。

今年も大変お世話になりました。
来年も宜しくお願いします。

どうぞ良い新年をお迎えください。