読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MI,IIK in BALI

制作やバリ島のことなど色々

家寺の工事

現在、我が家は家寺の工事中。
バリ人の家には必ず家寺があります。その家寺の塔などが古くなって崩れ始めたので、旦那と相談して新しく建て直すことにしました。
少し前に、11月24日までに終わらせて、大きな儀式をしなければならないと、お坊さんにお告げがあり、大パニックになりました。 これは突然「明日、千人来客のある結婚式を挙げろ」と言われるのと同じくらい不可能なことです。 家族も親戚もお坊さんも皆、途方にくれるばかりでどうしたらよいか、解決策が見つかりませんでした。 そして義父の入院。 もうどうしたら良いものか、これは神様に直に相談するしかない、ということで、先日家族は今回の儀式について伺いを立てている、高位僧侶(プダンダ)に相談に行きました。彼の力を借りて、神様と直接相談するわけです。

結局、11月24日はムチャルというお清めの儀式のみとなりました。
そしてその5ヵ月後に盛大な儀式をすることになりました。近い親戚から遠い親戚まで一族大集合するようです。 儀式は3ヶ月前から準備を始め、本番は1週間くらい通しで、数々のお供え物や祈り、ガムラン、バリダンスや影絵などもあるそうです。
バリ人の生活から、家寺は切り離せません。家寺から始まり、全ては家寺で終わるのです。いわば、この世とあの世のどこでもドアー。 この企画を旗揚げした旦那はめっちゃ頑張っています。 家族の小さな伝説が生まれそう。。。


写真は工事中の家寺。
お寺の塔は、何世代も使えるように丈夫な黒い石を使いました。
バリ島は平屋が多いので、二階に登るとかなり爽快です。
私の家は都会のデンパサールですが、遠くまで見渡せます。


ヨガウエアmi,iik
http://www.ekaekabali.com/naga_miiik/naga&miiik.html