読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MI,IIK in BALI

制作やバリ島のことなど色々

ZEN KISS

大好きなSheila Chandraのレビューです。
Sheila Chandraは十年ほど前に買った「ROOT AND WINGS」しか持って無くてずっとそれで満足してしまっていたのだけど、あれは始まりだったとは!これを聴いて無限の彼方に散りました。
シーラ・チャンドラの凄いところはこの神秘的な声にも負けない彼女ならではの哲学を感じられるところ。SPEAKING IN TONGUESのシリーズは言葉にならない楽器の思想に彼女の理解を加え、楽器によって人間が伝えようとしたことは何だったのかということにまで迫っているように思います。またそれに対する技術的な努力をする姿勢も素晴らしい。
彼女の作り出す孤独な世界で、―それは甘えをなくして自分自身に向き合うと言う意味での孤独だけども―本来の自分の位置に戻り、そこに根をはるような力強さが溢れます。母なる大地から地球へそして宇宙へ、イメージの翼は風を起こし神の世界へ・・・ZEN KISS。
楽器演奏も最低限に押さえられていて、彼女の声の美しさを思う存分堪能できます。むしろ楽器の音は生命を得てシーラの声にからみつくよう。
思考が慌ただしく落ち着きの無い時などにもオススメです。3曲目「WAITING」あたりを聴いてみて下さい。懐かしく美しい魂の原点。心底から落ち着きます。
リアルワールドから出ているシーラの他のアルバムも揃えないと!と思いました。

Zen Kiss

Zen Kiss