読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MI,IIK in BALI

制作やバリ島のことなど色々

新商品紹介とアウトレットのヨモヤマ話。

今回入荷したアウトレット商品とそれに纏わるストーリー色々。
インドネシアという土地柄、人柄、アウトレットはケアレスミスを超えています。。。

ヨガバッグです。写真のバッグはもう売り切れてしまいましたが、
まだ数種類ございます。

本当にちょっとした不良なので、
毎回不良品が出る度に、商品の前で悔しくてうねっておりますが、
アウトレットショップを作ってから、
これがお客様と交流する良い機会となっているので、
精神的に救われています。
心優しいお客様たちありがとうございます。


これは確か内布に1ミリ位の穴が・・・という商品です。
穴は纏っていますので、ご安心を。


こちらは表布の生地不良でした。さほど目立たないので普通に使えると思います。
インドネシアのバティックスタンプは手作りの温かみのある染めにとどまらず、
生地までも手作りの温かさを感じさせる・・・どうしてかっちり作れないんですか!?という時があるのです。うちのスタッフが生地に張り付いて検品してから裁断しても、大きな生地をチェックしますので小さな見落としなどがあり、最低10%は不良品になってしまいます。これが、生地からうちで染めを職人さんに出したりすると、100%不良品ということもよくあり、インドネシア人は怒る人が少ない理由を見つけたような気がしました(それではやっていけません・・・)。
私もこの土地の流儀に従い、もちろん怒りません。泣き寝入りです(;д;)


このバッグの内布は表布の反転柄になっています。生地は表布内布共にコットン100%のバティックスタンプ染めとなっています。
おしゃれは内側からということで、バッグの内面宇宙もお楽しみ下さいね!


とても着用感の気持ち良いレーヨンライクラ中厚手のバティックスタンプ柄パンツです。
このパンツは希望通りの色が出ましたので、嬉しかった商品です。シックで美しい色ですよ。
この記事を書くのが遅くなってしまったので、現在のバティックスタンプ柄の在庫はもう残りわずかなのですが、興味を持っていただけたら、ぜひぜひお試し下さい。

バティックスタンプは手染めなのでムラが若干出てしまいます。
その中で、これはムラが強いので既成品としては無理だけど、
自分だったら着るだろうなというものをご用意しています。

バティックスタンプ柄は時々雨が降ったりして(雨が降ったら色がきちんと出なくなります)、全滅する商品なので、80%くらい既成品が作れたら、ニコニコになります。
この商品の製作は凄まじくて、染めが出来上がってきた時点ではまだロウケツ染めの蝋が各所に付いているので、それを全部セロテープでペタペタ剥がすところから始めます。その後、生地に張り付いて検品。もう私は老眼ぎみで、細かい不良が全然見えないので、若いスタッフの子達がチェックしています。とても人間には見えないだろうという小さな不良まで見つけてきてくれて、あまりの不良の多さにがっくりするほど、しっかり検品してくれます。
裁断は染めのチェックをしながら、きれいな染めの部分だけを選んで1枚ずつハサミでチョキチョキ切っていきます。(パンツに使えなかった部分も何かしら作ってバリ島のショップで売ったり自分で着たりします)裁断後、もう一度検品しながらまだ残っている蝋をセロテープで再度剥がして、各パーツの色合せをして、やっと縫製に出します。縫製で穴を開けられると猛烈に悲しくなりますが、やはり泣き寝入りです。なんだか精神修行みたいなのですが、それをする価値のある商品だと思っています。

私の生家は江戸時代から続く染物職人だったのですが、私が2歳のときに時代の流れにより染物屋を辞めてしまいました。寝間着に浴衣を着る人がほとんど居なくなってしまったんですね。染め物を着る人達が居なくなってしまうと、職人は続けていくことができません。
そんなことで、家には色んな柄の染め物がありました。子供の頃、夏の浴衣は残った染め物の生地を使って、母が作ってくれました。私の母は服飾の専門学校を出ている人なので、染め物などにも愛情があるようで、小さな生地などもきちんと保管していました。子供の頃に我が家の染め物について一番愛着を持って語っていたのは、外からお嫁に来た母だったような気がします(逆に外から来たから、色々話すことが出来たのかもしれません)。
バリ島の日本人会で盆踊りがあるので、母から浴衣を送ってもらったことがありました。その時も実家の染め物の浴衣だったのですが、まだこんなに綺麗に保管しているんだ!って驚きました。もう染物屋を辞めてから30年以上経っていたのです。

私は何となく流れでインドネシアの染め物を扱うようになりましたが、自分の生い立ちを考えると、染め物に惹かれる理由がそれなりにあるんだなーと思いました。商品を色々作ることでインドネシアの染めの技術を残していくのに参加できたら良いなと思っています。染め物には機械で作るプリントとは全く違う偶然が作り出す美しさがあります。人の手が作り出す有機的な質感が大好きなのです。



こちらはコットンライクラ無地のカプリパンツです。
今回、5色入荷いたしました。
このパンツはフレンチシックに着こなすと可愛いと思います。
ボーダーのシャツなどもきっと似合いますよ。普段着にもどうぞ。
サポート力のある厚めの生地なので、中厚手のレーヨンライクラと比べると伸縮はやや劣りますが、足を細く見せる効果はあると思います。ヒップの形が出るのが気になる方は、チェニックと合わせていただくのがオススメです。
この商品の不良は大体が生地プレス時の線となっています。履くと生地が伸びて線が消えますので、あまり気にならないかと思います。

他にもまだ色んな商品がありますので、どうぞアウトレットショップを覗いてみてくださいね!
http://miiikbali.thebase.in/